ドボセキ「積算の賢者」〜 土木積算システムで絶対落札〜
知っていますか?積算精度を上げる方法

sponsored by 株式会社コンピュータシステム研究所

知っていますか?

積算精度を
上げる⽅法
イメージ

⼟⽊積算システムで絶対落札

当サイトでは公共工事、土木工事の入札のコツ・ポイントについて解説。昨今(2022年現在)では地域や担当者ごとの土木積算の特徴や癖をしっかりおさえることが大切になってきています。

積算精度を上げる⽅法を⾒る

イメージ
Case

「たった 24円 の違いで
落札できなかった。」

昨今、公共土木工事の入札はますます熾烈さを極め、積算の難易度があがってきています。

難易度UP
1

最低限度額ぎりぎり

でしか落札できない

最低限度額ぎりぎりで落札

難易度UP
2

設計書の検証作業に

手間と時間がかかる

落札成功のための設計書の検証作業
難易度UP
3

非公開単価が

多数存在している

入多数存在する非公開単価

各社、最低限度額ぎりぎりに狙いを定め、土木積算精度向上のために設計書の検証作業を行い、入札金額を算出。
ひと昔まえのように感覚や統計的データによる精度の低い積算では勝負の土俵に立つことすらできなくなってきています。

だから精度を上げることが必要!!

この土木積算
どう精度を上げていけるのか?
そのコツポイント
知っていますか?

以下では土木積算システム(土木積算ソフト)「アトラス(ATLUS REAL Evo)」を展開するコンピュータシステム研究所の協力のもと、
公共工事、土木工事の落札のコツ・ポイントについて解説しています。

arrow
株式会社コンピュータシステム研究所
取材協力
株式会社
コンピュータシステム研究所

昨今、公共土木工事の入札について高い積算精度が求められるようになってきました。またその土木積算は地域や担当者ごとに特徴や癖があり、それらを把握することが、土木積算精度を上げるうえで大切になってきているそうです。当サイトではその土木積算の精度を上げるポイント・コツについて探っていきます。
今回、土木積算について解説のご協力をお願いしたのは「土木積算システムATLUS REAL Evo(アトラス レアル エボ)」を展開している株式会社コンピュータシステム研究所。
30年の実績と信頼で、蓄積されたノウハウと精緻な積算を実現する土木積算システムを提供しています。このコンピュータシステム研究所(アトラス)の大きな特徴は全国に配置された21拠点による地域に密着したサポート体制とデータのローカライズ(地域化)。コンピュータシステム研究所(アトラス)では、各地のサポート拠点にて地域の情報収集、検証作業を行い、日々知見を蓄積し、導入ユーザーに土木積算ノウハウを共有しています。

地域密着型、
土木積算システム
アトラス公式サイトへ

電話で問い合わせる

予定価格と土木積算で出した数値が合わない理由と積算精度を上げていく方法についてまとめました。
まずは数値が合わない理由、精度が低くなる理由について、単価、歩掛、経費の順でみてみましょう。

単価がわからない

1単価 がわからない

単価として参照すべきものが
間違っているかも
単価がわからない

工事費を構成する最小パーツが単価です。この単価を間違っているために工事価格が大きくズレることが積算が合わない大きな原因の一つです。

 「発注者の単価と微妙に違う」
 「単価の変動が激しく把握することが困難」
 「見積り単価が分からない」

などなど単価に関する悩みは数多く、これらすべてが積算精度に直結します。
多くの方が単価の重要性を認識していますが、単価のすべてを正しく理解し積算できる方は少なく、積算精度向上の課題となっています。

歩掛がわからない

2歩掛 がわからない

発注者の意図する処理方法や
条件とずれているかも
歩掛がわからない

積算案件では、さまざまな基準書を利用し積算を進めていきます。近年、施工パッケージ型積算が主流となり施工条件や細かい端数処理などがより複雑化しています。

 「歩掛がわからない」
 「発注者の金額と違っている」
 「正しく積算できているか自信がない」

など歩掛の悩みは奥が深く、積算精度を向上させるために避けて通ることはできません。 しかし複雑化する歩掛を攻略できなければ積算精度を向上させることはできません。

経費がわからない

3経費 がわからない

地域や担当者の積算特徴や癖を
理解できていないかも
経費がわからない

経費は、工事費に占める割合が大きく、少しのミスや勘違いで大きな誤差が発生してしまいます。
発注者によって経費計算における経費対象額や経費率の算出式が少しずつ異なります。シビアな積算精度を要求される案件においてはこれらを正確に把握していく必要があります。

 「工事価格が大きくズレた」
 「最低制限価格を外してしまった」
 「思うように工事が落札できない」

などの悩みの原因は経費計算にあることが多いようです。
経費計算の基礎知識だけでなく発注者に合わせた知見やノウハウが求められます。

arrow

では次に、これらの問題をクリアし、積算精度を上げていく方法についてみていきます。

単価はこうやって算出

1単価 はこうやって算出

発注者の参照資料の優先順位を把握
単価はこうやって算出

積算精度に直結する単価の決定ルールは発注者によってさまざまです。
また、参照する資料も自治体公表単価、物価本(建設物価、積算資料)、刊行物単価、見積り単価など多くの資料から選択しなければならず、発注者によって資料の優先順位が異なるため難易度が高くなります。この発注者に合わせた参照資料の優先度を把握することが具体的対策です。

→土木積算システム「アトラス」では、各地域の発注者に合わせた最適な単価が選択されるため、積算精度を高めることができます。

歩掛はこうやって算出

2歩掛 はこうやって算出

発注者の独自のルールを把握
歩掛はこうやって算出

発注者によって歩掛の細かい計算方法は異なり、複数の積算基準書を参照する場合は特に複雑になります。この発注者ごとに違う独自のルールを把握することが具体的対策です。

→土木積算システム「アトラス」では、各地域の発注者に合わせた細かい端数処理を把握し、ルール毎に組み合わせて適用できます。全国の各自治体で独自設定している歩掛に幅広く対応しています。

経費はこうやって算出

3経費 はこうやって算出

発注者の過去資料からクセや特徴を把握
経費はこうやって算出

さまざまな積算基準書が存在しますが、それぞれの積算基準書によって押さえるべきポイントが異なります。さらに発注者ごとのクセや特徴を積算ルールとして落とし込む必要があります。

→土木積算システム「アトラス」は、多種多様な積算基準書データを網羅し、それぞれのデータに地域性の高い要素を加え、より正確な積算ができます。特に経費計算部分は、各発注者の膨大な過去資料を精査しデータを作成。発注者の特性を踏まえた精度の高い経費計算が可能です。

結論

結論

発注者(地域や担当者)の
積算の特徴、クセ、慣習を
把握する必要がある

結論は、精度の高い土木積算をするには発注者(地域や担当者)の積算の特徴、クセ、慣習まで把握していく必要があるということです。冒頭のように億単位の入札案件で数百円の違いが命運を分けるほどの熾烈な入札で勝つために、各社しのぎを削っています。企業によっては複数の土木積算システム(土木積算ソフト)を入れているところもあるようです。いまや公共工事・土木工事の入札は情報戦。常に地域の発注者にかかわる情報をキャッチアップしていくこと必要になってきています。

>> 地域別、土木積算のポイント・ノウハウの一部をお見せします。

イメージ イメージ

各地域のノウハウが充実。
土木積算システムアトラスとは?

全国21拠点で地域の発注者特徴を把握&研究し積算精度を日々研鑽。

30年の実績と土木積算のノウハウが蓄積された土木積算システムATLUS REAL Evo(アトラス レアル エボ)。
その大きな特徴は全国に配置した拠点による地域に密着したサポート体制とデータのローカライズ(地域化)。
昨今、地域や担当者ごとの土木積算の特徴や癖をおさえることが土木積算精度を上げるうえで大切になってきています。
アトラスでは各地の拠点にて地域の情報収集、検証作業を行い、知見を蓄積し、導入ユーザーに土木積算ノウハウを共有しています。

地域ごと、発注者ごとに積算の特徴は異なります。
土木積算システム「アトラス」を展開するコンピュータシステム研究所では、
全国21拠点に、調査スタッフ&サポートスタッフを配置し、
発注者ごとにことなる積算の傾向や癖などの情報を収集
しています。
大量の設計書の検証作業など、日々積算精度を上げるためのローカルな情報が蓄積、そしてその知見を活かし
積算の精度や地域の土木業者様のサポートを行っています。ここではその一部をお見せいたします。

入札のための土木積算は、学ぼうと思っても教科書というものがありません。都内の大きな本屋に行っても、Amazonで調べても土木積算についてポイントを絞った、わかりやすい解説書というものは見つかりません(2022年1月時点)。
そこでここでは、土木積算システム(土木積算ソフト)「アトラス(ATLUS REAL Evo)」を展開するコンピュータシステム研究所の協力のもと、土木積算でつまずきやすいポイントについて解説していきます。

イメージ
地域ごとのノウハウが充実土木積算システム アトラスとは?