ドボセキ 土木積算システムで絶対落札 » 地域別、具体的な積算のコツ » 茨城県の土木積算・入札制度の地域傾向、特徴

茨城県の土木積算・入札制度の地域傾向、特徴

茨城県において公共工事や公共事業の受注・受託を目指す上で、適切な土木積算で実効性のあるコストシミュレーションや予実管理を行うだけでなく、茨城県ならではの入札制度の地域的傾向やエリア特性を把握しておくことは重要です。

土木積算システム「アトラス」を展開するコンピュータシステム研究所では、全国21拠点に調査スタッフ&サポートスタッフを配置し、発注者ごとに異なる土木積算の傾向や癖などの情報を収集しています。大量の設計書の検証作業など、⽇々土木積算の精度を上げるためのローカルな情報を蓄積し、その知見を活かしシステムの精度アップや地域の土木業者のサポートを行っています。ここではその一部をお見せいたします。(下記情報は株式会社コンピュータシステム研究所の提供資料より引用もしくは参照し作成しております。)

茨城県の入札制度の歴史と現状

茨城県における土木工事などの公共工事・公共事業に関連した入札では、定期的な仕様の見直しや制度改定が行われており、土木積算によって施工コストを算出する前提として常に最新の情報にもとづいたシミュレーションを実行しなければなりません。

なお、2014年10月からは積算方式として「施工パッケージ型積算方式」が試行運用されつつ、実態として「積上型積算方式」が採用されていましたが、令和5年8月1日以降に起工する工事から、一部工種に関して積算方式に施工パッケージ型積算方式が導入されます。

参照元:[pdf]令和5年8月茨城県土木部検査指導課「県における施工パッケージ型積算方式の適用について」
(https://www.pref.ibaraki.jp/doboku/kensa/kanri/sekop/documents/r05sekop.pdf)

茨城県の歩掛と単価

歩掛

令和5年8月1日以降に起工決議する工事に関して、積算基準と標準歩掛の改訂が実施されています。

積算基準と標準歩掛の改訂対象としては以下のように区分けされているため、参考にしてください。

  • 土木編
  • 計画・調査編
  • 電気通信・機械編
  • 別冊公園緑地工
  • 別冊請負工事機械経費積算基準

単価

歩掛の改訂に伴い、例えば改訂前は土木工事における製作工労務単価として、交渉製作における直接労務費(工数単価)が27,800円とされていましたが、改訂後は28,700円にするといったように単価上昇が前提とされている点が重要です。

なお、土木工事と電気通信・機械工事など工種によって単価がそれぞれ設定されている点にも注意してください。

参照元:[pdf]茨城県土木部「令和4年8月 積算基準及び標準歩掛(土木編) 新旧対照表」
(https://www.pref.ibaraki.jp/doboku/kensa/kanri/documents/sinnkyuutaishou20230301.pdf)

経費

経費については直接工事費に直接経費が含まれており、個々の費目ごとに見積書と実績価格等の資料を用意した上で決定されます。

茨城県の公共工事 積算の特徴

施工パッケージ型積算

令和5年8月1日以降に起工する工事については、積算方式が施工パッケージ型積算方式へ変更される点が重要です。

施工パッケージ型積算方式では、目的物に関してそれぞれ積算条件が設定されており、直接工事費として標準単価を選択するという仕組みになりますが、間接費の積算については従来の積上型積算方式と共通になっているため注意してください。

週休2日制

2023年4月から発注者の取り組みとして、「完全週休2日制(原則土日)」に加えて「4週8休制」が導入されます。また受注者側の取り組みとして、茨城県建設業協会では県内の公共工事において全ての土曜日の一斉休工日設定を実施し、ライフワークバランスを整えやすい環境づくりを進めています。

なお、対象工事は全ての工事となっており、特に3千万円以上の工事については「完全週休2日制」と「4週8休制」のどちらを採用するか発注者指定型とされる点もことも特徴です。

参照元:[pdf]茨城県土木部「茨城県土木部における「建設業の担い手の中長期的な育成・確保」に向けた主な取組」
(https://jsite.mhlw.go.jp/ibaraki-roudoukyoku/content/contents/ibr_kensetsu_r050621_s07torikumi.pdf)

イメージ イメージ
地域ごとノウハウが充実
⼟⽊積算システムアトラスとは?
全国21拠点で地域の発注者特徴を把握&研究し積算精度を⽇々研鑽。

30年の実績と土木積算のノウハウが蓄積された土木積算システムATLUS REAL Evo(アトラス レアル エボ)。
その大きな特徴は全国に配置した拠点による地域に密着したサポート体制とシステムのローカライズ(地域化)。
昨今、地域や担当者ごとの土木積算の特徴や習慣をおさえることが土木積算精度を上げるうえで大切になってきています。
アトラスでは各地の拠点にて地域の情報収集、検証作業を行い、知見を蓄積し、導入ユーザーに土木積算ノウハウを共有しています。

イメージ
たった24円違いで落札できない…
熾烈さを極める
公共土木⼯事⼊札!

昨今の公共⼟⽊⼯事⼊札は、建設⼯事の中でも特に精度が求められています。
土木積算システム「アトラス(ATLUS REAL Evo)」を展開するコンピュータシステム研究所の協力のもと、公共工事、土木工事の落札のコツ・ポイントについて解説!

公共土木工事の落札の
コツ・ポイントをチェック

あわせて読みたいページ