ドボセキ 土木積算システムで絶対落札 » 地域別、具体的な積算のコツ » 長崎県の土木積算・入札制度の地域傾向、特徴

長崎県の土木積算・入札制度の地域傾向、特徴

公共土木工事の入札で勝ち、案件を落札するためには、より精度の高い土木積算が求められています。ここでは、土木積算システム「アトラス」を展開するコンピュータシステム研究所の協力をえて、長崎県の土木積算の特徴・コツについてまとめました。

土木積算システム「アトラス」を展開するコンピュータシステム研究所では、全国21拠点に調査スタッフ&サポートスタッフを配置し、発注者ごとに異なる土木積算の傾向や癖などの情報を収集しています。大量の設計書の検証作業など、⽇々土木積算の精度を上げるためのローカルな情報を蓄積し、その知見を活かしシステムの精度アップや地域の土木業者のサポートを行っています。ここではその一部をお見せいたします。(下記情報は株式会社コンピュータシステム研究所の提供資料より引用もしくは参照し作成しております。)

長崎県の土木工事入札制度の
歴史と現状

ここでは、長崎県の土木工事入札制度の歴史と現状を説明していきます。

予定価格について

長崎県の中で発注される土木工事の予定価格は、事後に公表することになっています。

ちなみに長崎市における発注工事の予定価格のみ、事前の公表になっているのです。

そういったことから、長崎県では積算精度の高さが求められています。

最低制限価格について

以前は、設計金額×90%の金額に対してランダム係数をかけ、最低制限価格を算出する方法を採用していました。

令和元年9月以降、ランダム係数をかけ、最低制限価格を算出する方法へとかわり、令和4年4月以降より下記の算出式に改定されています。

長崎県発注土木工事の場合

直接工事費×97% + 共通仮設費×90% + 現場管理費×90% + 一般管理費×68%

設定範囲:設計金額の90% ~ 92%

合計額は、90%や92%の額については、1,000円未満切捨てとなっており、計算途中の端数処理は1円未満切捨て となっています。

長崎県の土木積算における
歩掛と単価と経費の特徴

続いて、長崎県の土木積算における歩掛と単価と経費の特徴について述べていきます。

歩掛の特徴(長崎県の土木積算)

基本的に、長崎は国の基準書に則っていますが、県独自のものにカスタマイズされている歩掛も多数あるのが特徴です。

改定時期は、毎年10月となっていて、上水道歩掛は厚生労働省が公表している時期によって4~7月と変動しているようです。

単価の特徴(長崎県の土木積算)

基本的には、労務単価(TR)や共通資材(TP)、地域資材(TT)などと頭文字がTのコードがされているのが特徴的です。

設計書内で金額指定のある特殊単価は、2番目にTが付加されています。

改定時期は、以下をご覧ください。

  • 労務単価:年1回改定:3月(国同様)
  • 県資材単価:毎月改定
  • 上下水道単価:年1回改定:4~6月
  • 市場単価:年4回改定:3月(冬号)、6月(春号)、9月(夏号)、12月(秋号)
  • 土木工事標準単価:年4回改定:3月(冬号)、6月(春号)、9月(夏号)、12月(秋号)

経費の特徴(長崎県の土木積算)

基本的に、国の基準書に則っていると言われています。 端数処理や施工箇所点在計算は、長崎県の独自のものにカスタマイズされています。 改定時期は毎年4月となっており、 上水道歩掛は、厚生労働省が公表する時期によって4~7月に変動しているようです。

長崎県の土木積算において
多くの方が頭を悩ます、
予定価格から相違する箇所

土木積載算の分野では、多くの方が悩まれると思います。最後に予定価格から相違する箇所について説明していきます。

処分費、諸経費対象外、管材費の
積算について

金抜き設計書や特殊単価一覧に、諸経費対象外や管材費などの積算について記載がないか確認するようにしましょう。記載があった場合、注意が必要です。

積算設計書について

長崎県では自治体や発注課によって、使用している積算システムがさまざまです。 各種端数処理や歩掛経費の適用時期が違うため、それによって積算が必要です。

施工箇所が点在する工事について

工区ごとに、共通仮設費や現場管理費を算出し、それぞれ工事原価の合計によって一般管理費の算出を行います。

週休2日モデル工事について

他県よりより先駆けて、県レベルで導入。県独自の端数処理が必要となっています。

各地域の特徴を日々収集し研鑽しつづける土木積算システム「アトラス」

上記の他にもまだまだたくさんの各地域独自の土木積算の特徴やルール、クセ(習慣)などが存在しています。これらを土木会社の一人の担当者が常にキャッチアップしていくことはほぼ不可能です。
土木積算システム「アトラス」は全国21拠点のサポート体制を持ち、各地域の発注者の特徴や情報を日々収集し、検証作業を行い、システムのアップデートやユーザーのサポートをおこなっています。アトラスのサポートやシステムを使うことで効率的に地域特徴にあった土木積算を精度高く行うことが可能になります。

土木積算の精度を上げる
方法をくわしく見る

イメージ イメージ
地域ごとノウハウが充実
⼟⽊積算システムアトラスとは?
全国21拠点で地域の発注者特徴を把握&研究し積算精度を⽇々研鑽。

30年の実績と土木積算のノウハウが蓄積された土木積算システムATLUS REAL Evo(アトラス レアル エボ)。
その大きな特徴は全国に配置した拠点による地域に密着したサポート体制とシステムのローカライズ(地域化)。
昨今、地域や担当者ごとの土木積算の特徴や習慣をおさえることが土木積算精度を上げるうえで大切になってきています。
アトラスでは各地の拠点にて地域の情報収集、検証作業を行い、知見を蓄積し、導入ユーザーに土木積算ノウハウを共有しています。

イメージ
たった24円違いで落札できない…
熾烈さを極める
公共土木⼯事⼊札!

昨今の公共⼟⽊⼯事⼊札は、建設⼯事の中でも特に精度が求められています。
土木積算システム「アトラス(ATLUS REAL Evo)」を展開するコンピュータシステム研究所の協力のもと、公共工事、土木工事の落札のコツ・ポイントについて解説!

公共土木工事の落札の
コツ・ポイントをチェック

あわせて読みたいページ